毒草一覧次の花
オキナグサ


草丈は10cmから30cmほどで、春の日当たりよい草原などに自生している姿がよく見られましたが、現在では絶滅寸前で「幻の野草」とまで言われています。古くから園芸用としても人気があり、いろいろな種類が栽培されています。綺麗な花を咲かせますが、全草に心臓毒プロトアネモニンを含むのでもちろん誤食は禁物ですし、肌の弱い人では葉や茎の汁が触れると水泡ができるので扱った後はしっかりと手洗いをしておきましょう。


毒草名  オキナグサ(翁草)、パスクフラワー、ウバシラガ、フデクサ、ツクミグサ、白髪草、白頭翁、迎春花、うずのしゅげ
学 名  Pulsatilla cernua SPRENG.
特 性  キンポウゲ科 オキナグサ属、裏切りの多年草
花 期  4〜5月
仲 間  ツクモグサ、セイヨウオキナグサ、ヒロハオキナグサ、黄花オキナグサ
毒部位  全草、根
成 分  ラナクリン、プロトアネモニン(Protoanemonin)、ヘデラゲニン
症 状  腹痛、胃腸炎、嘔吐、下痢、心停止


 

「芝付の御宇良崎なるねつこ草(翁草)あひ見ずあらば吾恋ひめやも」
東歌(万葉集14-3508)

 





最近は人気があるそうで、園芸店にいろいろな色の翁草が置いてあります。これには「黄花オキナグサ」と名札が挿してありました。


 

「西洋オキナグサ」花がちょっと上向き。



花が終わると翁のヒゲが生えてきます。これはまだまだ緑なのですが、だんだんと白くなってきます。

 

ええ、もう僕たち遠いとこへ行きますよ。どの風が僕たちを連れて行くかさっきから見ているんです。



宮沢賢治は童話「おきなぐさ」の中で、風に運ばれ天に昇った「うずのしゅげのたましい」を「小さな変光星になったと思います。」と語ってます。




4月初めの頃、蕾がつきました。うぶ毛が雨を弾いています。




≪MEMO≫
・漢方薬草:白頭翁(ハクトウオウ)=熱病・寒熱・腫瘍・止血・鎮痛。[下薬]
・花弁に見えるのは萼片。
・薬効:根[痔、しらくも、熱性下痢、生理不順]、葉[タムシ]
・絶滅危惧U類(VU)


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS